がん免疫療法(高活性NK細胞療法)専門機関 ニューシティ大崎クリニックのご紹介

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  大崎クリニックとは  >  ご挨拶・医師のご紹介

ご挨拶

ニューシティ大崎クリニックのホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

近い将来、2人に1人ががんになると予想されており、誰にでもがんになる可能性があります。 早期がんであれば治癒する可能性は高いものの、がんが進行してしまうと、化学療法・外科治療・放射線療法の3大療法を駆使しても、その治療成績は芳しくないのが現状です。

1980年代から、米国のローゼンバーグ博士らが免疫細胞を使ってがん(おもにメラノーマ)を治療しようとする試みを始めました。その後改良を繰り返し、特殊な治療を併用しながら、現在では2人に1人のがん縮小が認められるなど、治療効果を格段に上げています。日本でも、活性化リンパ球療法が肝がん手術後の再発を抑えることが明らかになり、がん免疫療法は3大療法に続く第4の治療法として注目されるようになりました。

当初、抗がん剤治療におけるがん縮小率からみた効果判定方法は、免疫療法には必ずしも当てはまらず、一般的に副作用がなくQOL(生活の質)の改善に寄与する療法という認識でした。しかし、その後免疫療法の評価法が変わりつつあり、縮小率ではなくむしろ延命効果で評価すべきという考えが強くなってきました。現在ではがんの標準的な3大療法と組み合わせながら、がん免疫療法の効果を最大限に発揮することで、それががん患者さんの大幅な延命に繋がるように、さらには根幹的な治癒の道に繋がる治療法の開発・研究が進められています。

当クリニックではCPC(細胞培養センター)を併設し、厳しい目を持つ倫理審査委員会の承認のもと、培養法に改良を重ね、高活性NK(ナチュラルキラー)細胞を大量に含んだ免疫細胞療法を可能にいたしました。実際の臨床例では、この新しいがん免疫療法と副作用の少ない経口抗がん剤との併用によって、がんが劇的に縮小することを確認しています。また、当クリニックの高活性NK細胞の投与により、患者さんの免疫力が飛躍的に高まることが様々なデータで明らかになりました。

ニューシティ大崎クリニックの高活性NK細胞療法が、多くの患者さんたちのより良い長期延命や再発防止に確実につながるように日々研究努力し、がん患者さんががんと闘う勇気が出るように、これからも誠心誠意お手伝いをしてまいります。

ページトップヘ

 

 ※治療までのフロー・診療時間・治療費については、受診案内を参照下さい。


医師のご紹介

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め