がん免疫療法(高活性NK細胞療法)専門機関 ニューシティ大崎クリニックのご紹介

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  大崎クリニックとは  >  がん免疫細胞療法に対する基本的な考え方.1

がん免疫細胞療法に対するニューシティ大崎クリニックの基本的な考え方

1. 免疫療法は抗がん剤などの標準治療と並行治療することで高い効果を得ることができます

化学療法や手術ができるのに免疫療法単独でがんを治療しようとすることは基本的にお勧めしません。取れるがんは切除すべきであり、それができなければ化学療法、放射線療法の標準治療をすべきです。そのうえで免疫療法を併用して免疫力を高め、総力戦で治療効果を最大限に引き出しがん治療に臨むことです。いまでは、免疫療法先進国であるアメリカの専門書にも、免疫化学療法(免疫療法+抗がん剤)という用語が使われるようになりました。


2. 可能な限り大量のNK細胞を投与し、免疫力を大幅に強化することが重要です

3. CT写真だけで免疫療法の効果はわかりません

4. ニューシティ大崎クリニックは免疫力の変化を定期的に検査しながら治療をすすめます

5. 私たちのNK細胞療法は「大崎式」(特許取得済み)、他のNK細胞療法とは異なります

6. 免疫療法を受けようとする患者さんにご理解いただくべき大事なこと

7. 抗がん剤など標準治療をしない患者さんへ


免疫細胞療法の考え方・目次に戻る

 


 ※治療までのフロー・診療時間・治療費については、受診案内を参照下さい。

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め