がん免疫療法(高活性NK細胞療法)専門機関 ニューシティ大崎クリニックのご紹介

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  大崎クリニックとは  >  がん免疫細胞療法に対する基本的な考え方.4

がん免疫細胞療法に対するニューシティ大崎クリニックの基本的な考え方


1. 免疫療法は抗がん剤などの標準治療と並行治療することで高い効果を得ることができます

2. 可能な限り大量のNK細胞を投与し、免疫力を大幅に強化することが重要です

3. CT写真だけで免疫療法の効果はわかりません

4. ニューシティ大崎クリニックは免疫力の変化を定期的に検査しながら治療をすすめます

私たちは免疫療法の定量的な効果、免疫療法によって免疫力がどの程度強化されたか、を重視しています。例えば、ペプチドワクチンや樹状細胞ワクチン療法では、血液中に「がん細胞攻撃(がん抗原特異的)Tリンパ球」が増加することであり、同様にNK細胞療法ではNK細胞の増加やNK活性の上昇がみられることです。そもそも免疫療法実施後に免疫力が上がらずに免疫療法と言えるのでしょうか。私たちは定期的に採血し、からだ全体の免疫力がどのように変化したかを6つの免疫指標を使って調べ、それぞれの患者さんに対する「大崎式」高活性NK細胞療法の免疫的効果を判定しています。

 ニューシティ大崎クリニックの免疫力検査


5. 私たちのNK細胞療法は「大崎式」(特許取得済み)、他のNK細胞療法とは異なります

6. 免疫療法を受けようとする患者さんにご理解いただくべき大事なこと

7. 抗がん剤など標準治療をしない患者さんへ


免疫細胞療法の考え方・目次に戻る

 


 ※治療までのフロー・診療時間・治療費については、受診案内を参照下さい。

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め