治療成績・症例報告 - ニューシティ大崎クリニックにおける治療成績と症例についてご案内します

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  治療成績・症例報告  >  大腸がん・大腸がん症例1

大腸がん症例・1

症例1 直腸がんと同時に肝転移と数え切れないほどの肺転移があったケース

健診で便潜血反応が陽性のため精査したところ、すでに肺・肝に転移した直腸がんと診断されました。直腸がんの手術を行ったあとに、転移巣に対して抗がん剤(5-FU+アイソボリン)による治療を2クール行いましたが効果がないため、経口抗がん剤のTS-1に変更した後、ニューシティ大崎クリニックを紹介されました。
高活性NK(ナチュラルキラー)細胞療法を始める前の腫瘍マーカーCEAは37.2〜41.6ng/mlと高い数値が続きましたが、3回目の治療後に9.2ng/ml、4回目では6.9ng/mlと急速に低下しました。治療前と6回終了後のCT写真を比べると、肝臓に数ヶ所あった転移巣は3ヵ月後にはすべて無くなっています(写真1)。

大腸がん症例 多発性肝転移1

両肺には、0.5cm〜1cm前後の転移が数え切れないほど(数100個)散らばっていましたが、これも大きさ、数、共に半分以下に減っています(写真2)。

大腸がん症例 多発性肝転移2

経口抗がん剤TS-1と高活性NK細胞療法との併用治療の間、患者さんには目立った副作用はなく、毎週ゴルフを楽しみ、海外出張にも出かけられるなどQOLは良好でした。
血管から入れる通常の抗がん剤に比べ、経口抗がん剤TS-1は副作用が軽く患者さんにとっては使いやすい抗がん剤です。これまでの経験から、当クリニックで行うがん免疫細胞療法とTS-1の組み合わせは大きな相乗効果が期待できることがわかっています。

ページトップヘ

 

大腸がんの症例一覧

 

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め

症例報告

治療成績 | すい臓がん症例 | 大腸がん症例 | 肝細胞がん症例 | 乳がん症例| 免疫力検査| 治療効果のアップデート情報(2017年)