治療成績・症例報告 - ニューシティ大崎クリニックにおける治療成績と症例についてご案内します

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  治療成績・症例報告  >  大腸がん・大腸がん症例2

大腸がん症例・2

症例2 大腸がん切除3ヵ月後に急速に縦隔転移が出現してきたケース

この患者さんは、大腸がんを切除後TS-1 25mg(腎機能低下のため少量使用)を服用していましたが、3ヵ月後に縦隔(肺と肺に囲まれた部位)腫瘍が見つかり大腸がんの転移とわかりました。
ドセタキセル少量(週1回 40mg)を3回施行後、TS-1 25mg/日の再投与と並行して、ニューシティ大崎クリニックで高活性NK細胞療法を開始しました。3回目投与後のCT写真では、直径4cmあった転移腫瘍が著明に縮小していました(写真1)。その後、治療を2週に1回つづけ計10回施行しましたが、この間、腫瘍は縮小したまま増大することはありませんでした。

大腸がん症例 縦隔転移

このケースでは大腸がん術後に大きな転移が現れましたが、少量の抗がん剤と高活性NK細胞療法で急速に腫瘍が縮小し、非常に小さな状態で維持していました。これはリンパ球と抗がん剤が相乗的に働き、それぞれの効果が高まった結果と考えられます。
その後患者さんの経過が順調だったこと、腎機能を守りたいとの要望もあって治療を中止して経過を見ていましたが、残念ながらしばらくしてがんが再発しました。副作用に注意しながら少量の抗がん剤を継続し、あるいは1〜2ヶ月に1回でもがん免疫細胞療法をつづけていれば、また違った結果になったかもしれません。

ページトップヘ

 

大腸がんの症例一覧

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め

症例報告

治療成績 | すい臓がん症例 | 大腸がん症例 | 肝細胞がん症例 | 乳がん症例| 免疫力検査| 治療効果のアップデート情報(2017年)