治療成績・症例報告 - ニューシティ大崎クリニックにおける治療成績と症例についてご案内します

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  治療成績・症例報告  >  大腸がん・大腸がん症例3

大腸がん症例・3

症例3 大腸がん、肺転移手術後、肝臓に3回目の転移が見つかったが手術できなかった

この患者さんは、大腸がん手術の5ヵ月後に肺転移が見つかり切除しました。その後順調に経過したものの14ヵ月後に肝臓に転移が発見され、これも切除しました。リンパ節転移があったため術後補助療法として抗がん剤(イリノテカン+シスプラチン)を4クール施行。しかしその後再び肝臓に多発性転移が見つかり、リンパ節の腫大も明らかとなりました。
2度目の肝転移で、かつ多発性だったため手術を断念し、FOLFOX(抗がん剤3剤を併用する化学療法)が開始されました。
ところが 副作用の問題でFOLFOXは2回の投与で中止となりました。
その後TS-1に変更し、並行してニューシティ大崎クリニックの高活性NK細胞療法を受けることになりました。
このケースでも、5回投与後のCT写真で肝転移はほぼ消失しリンパ節転移も縮小したことが確認できました。

大腸がん症例 肝転移

ページトップヘ

 

大腸がんの症例一覧

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め

症例報告

治療成績 | すい臓がん症例 | 大腸がん症例 | 肝細胞がん症例 | 乳がん症例| 免疫力検査| 治療効果のアップデート情報(2017年)