治療成績・症例報告 - ニューシティ大崎クリニックにおける治療成績と症例についてご案内します

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  治療成績・症例報告  >  肝細胞がん・肝細胞がん症例

肝細胞がん症例

症例 肝細胞がん切除後の再発

慢性C型肝炎から肝硬変となり、さらに肝癌になった場合、ラジオ波焼却や切除などの外科的手術をしても再発を繰り返し、しかもその間隔がしだいに短くなっていくのが、肝細胞がんの特徴です。

患者さんはこのような肝硬変の経過観察中に、直径約2cmの肝細胞がんが見つかり切除手術をしました。そしてその6年後に約1.5cmの再発が認められ2度目の手術をしましたが、さらにその半年後に約1cmの2度目の再発が疑われました。
これは今後もがんの発症を繰り返す「高がん化状態」と考えられ、本人の強い希望で手術や抗がん剤は使わず、ニューシティ大崎クリニックの高活性NK(ナチュラルキラー)細胞療法だけで治療することになりました。

治療直前の造影CT写真(写真1:左)に円で囲った部分、淡く白く見えるのががんです。
これが治療開始3ヵ月後のCT写真(写真1:右)では、ほぼ消失したことが確認できます

肝細胞がん症例 CT写真

この患者さんは、がんが消えた後も当クリニックのがん免疫療法を続けましたが、図1に示すように(治療後16ヶ月まで表示)肝機能(AST)が徐々に正常化し、手術後も高値だった腫瘍マーカーAFPが、投与10回目以降から急速に下がり正常値に戻りました。
くすぶるような肝炎状態がなくなり体調が改善したことから、普通の生活を楽しめるようになりました。
当クリニックで治療を初めて30ヶ月がたちますが、肝機能、AFPは正常値を維持し、その後再発は起こっていません。がん免疫細胞療法も3〜4ヶ月に1度の割合に減らしましたが、からだの免疫機能は高く維持されています。

肝細胞がん症例 高活性NK細胞療法

この患者さんは、高活性NK細胞療法以外はサプリメントを含めて特に何もしませんでした。
肝機能が正常値にもどり、腫瘍マーカーAFPも低下して正常となりましたが、その間にからだの中の免疫力はどのように変化したのでしょうか。

1)NK細胞の増加
患者さんに投与した培養後の活性化リンパ球150億個のうち30〜40%がNK細胞で、残りが活性化T細胞でした。この投与によって、からだにどんな変化が現れたか、投与直前と定期的に採血して調べてみると、投与直前に比べ3日後は血液中のNK細胞が8%から24%に約3倍に増え、1週間後、2週間後でも2倍近くの量を保っていました(図2)。

肝細胞がん症例 免疫力の変化

2)がん攻撃分子NKG2Dの増強
キラー細胞と呼ばれるNK細胞やT細胞の一部(CD8陽性T細胞、NKT細胞など)は、NKG2Dというがん細胞を攻撃する分子を細胞の表面に持っています。さまざまな種類のがん患者さんにはこのNKG2Dが減少しており、がん細胞への攻撃力が弱っています。肝細胞がんでもNK細胞のNKG2Dが低下し、NK細胞がうまく働かないことが報告されています。
がん免疫療法を始める前と治療6ヵ月後に採血をして、NK細胞とT細胞のNKG2D陽性率を調べて比較したものが図3です。

肝細胞がん症例 血液中リンパ球の変化

NKG2D陽性率は治療前の38%から治療6ヵ月後には60%に上昇していました。細かくみると、NK細胞だけでなく、T細胞の陽性率が特に上昇していました。つまり、肝がんを攻撃するNK細胞とT細胞の免疫力が強化されたと考えられます。

高活性NK細胞療法によって、からだ全体のNK細胞の強化だけでなくNKG2D陽性T細胞と、それと同様の役割を持つ分子CD56を持つ陽性T細胞が上昇したことから、T細胞の活性にも大きな影響を与えて全身の免疫力が強化されたといえます。
この患者さんには現在は3〜4ヶ月の投与間隔で治療を継続していますが、このくらいの長期間隔での投与になっても高い免疫力を保っています。こうした全身状態の免疫力の改善が、長期にわたって肝がんの再発を抑えているのかもしれません。

ページトップヘ

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め

症例報告

治療成績 | すい臓がん症例 | 大腸がん症例 | 肝細胞がん症例 | 乳がん症例| 免疫力検査| 治療効果のアップデート情報(2017年)