治療成績・症例報告 - ニューシティ大崎クリニックにおける治療成績と症例についてご案内します

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  治療成績・症例報告  >  乳がん・乳がん症例1

乳がん症例・1

症例1 乳がん切除、1度目の肝転移を抗がん剤で消滅後、2回目の肝転移が出現したため、抗がん剤に免疫細胞療法を併用

50歳代の乳がんの患者さんの症例です。直径2cmの乳がん(浸潤性乳管がん、ステージIIa)で手術し、その後アリミデックス(経口治療薬)によるホルモン療法を行いました。2年後に腫瘍マーカーが上昇したため精査したところ、肝臓に直径2.5cmの転移が1個見つかり3週に1回タキソテールで治療したところ、9ヵ月後に肝転移は消失しました。 タキソテールをさらに半年間ほど続けた後、ホルモン療法に変更しましたが、その7ヵ月後には腫瘍マーカーが再び上昇し、CT検査で直径2cmほどの肝転移が見つかりました(写真左)。

乳がん症例 転移巣の消失

抗がん剤のCEF療法が開始され、ほぼ同時にニューシティ大崎クリニックのがん免疫細胞療法も併用して開始されました。 高活性NK(ナチュラルキラー)細胞療法と抗がん剤の併用で、5ヵ月後に転移巣は消失し(写真右)、抗がん剤はさらに6ヶ月間続けられました。 1回目の転移が消失した後のホルモン療法で再び転移したことから、ホルモン療法は効かないことが予想されたため、経口抗がん剤TS-1と並行して高活性NK細胞療法を2ヶ月に1回に減らして治療を続けていますが、定期的な腫瘍マーカーも正常値を維持し、CT検査で再発・転移は見つかっていません(図)。

乳がん症例 治療経過

現在まで、1回目の肝転移から6年以上、2回目の肝転移がでてから4年半、消失してから再発することなく4年が経過しています。2回目の転移の抗がん剤治療は1回目より難しくなりますが、1回目より早めに消失し、高活性NK細胞療法を併用することで治療効果が高まったと思います。 抗がん剤とがん免疫療法を併用して効果が出る条件は、その免疫療法によって患者さん自身の免疫力そのものを上げることができるかどうかが、カギを握ります。 この患者さんも、治療前後の血液検査で、NK細胞の含有量は18%→35%、NK活性は 23%→61%と免疫力を測る数値がいずれも良く上昇しました。また、T細胞ではNK細胞によく似た性格のNKT細胞(CD3+CD56+リンパ球)が 15%に増え、NKG2D陽性T細胞も60〜70%と強い活性化が維持されています。高活性NK細胞療法でこのような高免疫状態が達成され、再発や新たな転移を防いでいると考えられます。 抗がん剤にがん免疫療法を併用する治療法は広がりつつあります。転移や再発防止のためにも、この治療法が近い将来広く認知され、相互に最大限の効果をあげる投与方法が検討されることを期待しています。

ページトップヘ

 

乳がん症例の症例一覧

 

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め

症例報告

治療成績 | すい臓がん症例 | 大腸がん症例 | 肝細胞がん症例 | 乳がん症例| 免疫力検査| 治療効果のアップデート情報(2017年)