治療成績・症例報告 - ニューシティ大崎クリニックにおける治療成績と症例についてご案内します

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  治療成績・症例報告  >  乳がん・乳がん症例2

乳がん症例・2

症例2 全摘出後、乳がん局所再発と多発性肝転移が見られたケース

右乳房に3cm大のしこりがあるのに気づき診察を受けたところ乳がんと診断された患者さんの症例です。全摘手術を行いましたがリンパ節転移もあったため、術後に抗がん剤を4クール行いました。 抗がん剤のあとホルモン療法に変更し、再発の兆候もなく順調に経過していましたが、手術をして3年ほどたったところで乳房を切除したあとの胸壁に3cm大の硬いしこりが現れ、2ヶ月のあいだに急速に大きくなりました。 併せてCTスキャンでも、肝臓に一部はいくつか融合した2〜6cmの大小の転移が20個以上見つかり、乳がん局所再発及び多発性肝転移と診断されました(写真1、左)。

乳がん症例 局所再発、多発性肝転移

驚いた患者さんご夫婦はいろいろと可能性のある治療方法を探していらして、ニューシティ大崎クリニックのホームページをご覧になって相談にみえました。肝転移が非常に進行した状態でしたが、経口抗がん剤のTS-1を主治医にお願いし、高活性NK細胞療法を同時に開始することにしました。 第1回目の免疫細胞療法はTS-1服用を始めてから2週間で行ないました。その3日後に、胸に出た硬い再発腫瘍が急に軟らかく小さくなっていることに患者さんご自身が気づき、さらに2回目投与後には胸壁の腫瘍はほぼ触れないほどになりました。 肝臓は最初は腫れて大きく腹部の触診でもはっきりとわかりましたが、2ヵ月後にはそれも触れなくなり、当時に体調も良くなっていきました。 投与5ヵ月後のCTスキャンでは、6cmの一番大きかった転移だけでなく、その他の多数の散在した転移がなくなり、1ヶ所に小さく残るだけになりました(写真1、右)。 この間の治療はTS-1とがん免疫細胞療法だけでしたので、副作用はTS-1による一時的な軽い食欲低下などの症状だけで、主婦としての日常生活を過ごすことが普通にできていました。 さて、この患者さんの免疫状態が治療前後でどう変化したか見てみます(図)。

乳がん症例 血液リンパ球の変化

毎回150億〜200億個の活性化リンパ球を投与しましたが、そのうちの約40%がNK細胞(60-80億個)、残りが活性化T細胞(おもにキラーT細胞)でした。 その結果、血液中のNK細胞は治療前の8.7%から10回治療後には3倍以上の27.6%に増えました。それに伴いNK活性も約2倍に上がっています。またNKG2D陽性T細胞(健常者平均40%)は、治療前が17.0%ととても低かった状態から52.9%とこれも3倍以上に上昇しました。
高活性NK細胞療法は、大量のNK細胞を含む活性化リンパ球を投与することによって、このように血液中のNK細胞やNKG2D陽性T細胞、NK活性が実際に向上することが特徴です。つまり、からだの免疫力を確かに高めているわけです。 これは大量の高活性NK細胞とT細胞が入ったことによって、がんで抑えられおとなしくなっていた元々のリンパ球も影響を受けて活発になったことを示しています。 がんには免疫力を封じ込め、免疫が効かないようにする強力な抑制作用があります。TS-1はがん細胞を殺傷する力とともに、がんの免疫抵抗力を弱めて(がんの免疫感受性を上げる)、免疫療法が効果的に働くようにすると考えられます。 がんとの闘いには、抗がん剤と併用して、からだの免疫力を高く維持できる高活性NK細胞療法が大きな助けになっていることがわかる一例です。

ページトップヘ

 

乳がん症例の症例一覧

 

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め

症例報告

治療成績 | すい臓がん症例 | 大腸がん症例 | 肝細胞がん症例 | 乳がん症例| 免疫力検査| 治療効果のアップデート情報(2017年)