治療成績・症例報告 - ニューシティ大崎クリニックにおける治療成績と症例についてご案内します

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  治療成績・症例報告  >  すい臓がん・すい臓がん症例1

すい臓がん症例・1

症例1 高齢で手術ができず、抗がん剤少量と高活性NK細胞療法で元気に1年を経過

80歳代の患者さんです。腹痛と下痢のため検査したところ膵頭部に直径2.5cmの腫瘍があり、血管を巻き込むステージ4aの進行性すい臓がんと診断されました。幸い遠隔転移はありませんでしたが高齢のために手術はできず、ニューシティ大崎クリニックの高活性NK(ナチュラルキラー)細胞療法を希望されました。
病院との連携により、飲む抗がん剤TS-1を1日40mgで1週間服用し1週間休薬という少量投与を一緒に併用しながら、高活性NK細胞療法を開始しました。TS-1は抗がん剤ですが負担の少ない投与量のため、胃の軽い不快感以外は問題となる副作用もありませんでした。
免疫細胞療法は最初の数回を2週間隔にし、以後は4週間隔、さらに6週間隔と伸ばしました。治療を続けるうち食欲も戻り、普段と変わらない生活ができるようになり、進行性すい臓がんと診断されてからすでに1.5年以上が経過しています。

すい臓がん症例 腫瘍マーカーの変化

図1は、すい臓がん治療開始後の腫瘍マーカーの変化を表したものです。治療2ヵ月後にCA19-9が低下し、その後も1000前後を維持しています。定期的なCT検査でも、がんは小さくならないものの大きくもならず、また転移もなく、進行がほぼ止まった状態が続いています。

この患者さんは最初の6回の投与で820億個(1回平均137億個)の活性化リンパ球が入り、そのうちNK細胞が60%を占めました。投与1回あたりのNK細胞数は平均82億個で、その他は活性化T細胞(おもに細胞傷害性T細胞)でした。これだけのNK細胞や活性化T細胞が入ると、からだを循環している血液中のリンパ球にも変化が出てきます。
まず、リンパ球数が治療前1000個/μlから2倍近くに増えました(図2)。

すい臓がん症例 血液中のリンパ球数の変化

その増えたリンパ球をさらに調べると、NK細胞の割合が16.9%→36.3%に上昇し、NK活性も36%→57%に増強しました。同時にNKG2D陽性リンパ球も39.9%→61.5%と増加しています(図3)。

すい臓がん症例 血液中のリンパ球の変化

この患者さんは、開始前にもある程度の免疫力は保持していましたが、治療で免疫力はさらに強くなっています。
少量のTS-1を併用することでがん細胞の免疫感受性をあげたこと(がん細胞が免疫細胞に攻撃されやすい状態にする)、そこに大量の高活性NK細胞と活性化T細胞を投与して直接がん細胞を攻撃できる兵力を備えたこと、さらに血液中のNK細胞が増え活性もあがり、からだの免疫力そのものがを強化されたと考えています。今後このような良好な状態が長く続くかどうかの経過をみていく必要がありますが、従来進行が早いといわれるすい臓がんが現段階では「休眠状態」になっているようです。

一般に高齢者の患者さんの方が、がんの進行が遅いといわれます。しかし、60歳代と80歳代のがん患者さんのどちらが治療の経過が良いかを調べると、60歳代の患者さんの方が良いという報告があります。80歳以上では体力や抵抗力が弱いため、外科的な手術はもちろん、抗がん剤の使用も難しくなることが考えられます。
このように、治療の難しいすい臓がんのある高齢者でも、副作用がでない程度のごく少量の抗がん剤と高活性NK細胞療法を組み合わせて、少しでも負担のない人生を生き抜くための治療をすることが可能です。

ページトップヘ

 

すい臓がんの症例一覧

 

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め

症例報告

治療成績 | すい臓がん症例 | 大腸がん症例 | 肝細胞がん症例 | 乳がん症例| 免疫力検査| 治療効果のアップデート情報(2017年)