高活性NK細胞によるがん免疫治療をご紹介します

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  高活性NK細胞療法について

高活性NK細胞療法とは

ニューシティ大崎クリニックでは、がん免疫療法の中の「活性化リンパ球療法」の一つであるNK(ナチュラルキラー)細胞療法を、従来とは異なった方法で最大限に活性化させた「高活性NK細胞療法」を実施しています。 これは患者さんご自身の血液から採取したリンパ球の中で、特にがんなどの異常細胞を最初に攻撃する役割を持つNK細胞を大量に培養、増殖、さらにがんに対する殺傷度を高くした(活性化させた)上で、患者さんの体内に戻して免疫力を高めていく療法です。

高活性NK細胞療法が目指す効果

1.直接がん細胞を攻撃する活性化されたNK細胞、T細胞を大量に全身に行き渡らせること
→がん治療・再発予防

2.患者さんの免疫力そのものを高めることで、身体全体のがんと闘う力を立て直すこと
→QOL(Quality of Life:生活の質)の向上

当クリニックでのがん免疫療法では、治療効果を優先させるだけではなく、治療後も患者さんの生活の質がなるべく下がらないような治療を行い、患者さんひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質の向上を目指します。

ページトップヘ

高活性NK細胞療法の特徴

1.1回で100〜200億個の活性化リンパ球を投与します
2.T細胞(特に細胞傷害性T細胞)はもちろん、増やしにくいといわれるNK細胞を大量に増殖、活性化させています
3.TRAIL、NKG2Dといった、がん細胞を殺傷する能力を持つ分子を大量に含みます
4.抗がん剤と併用すると効果が高まります
5.軽い発熱以外の副作用が見られません
6.治療を受けながら日常生活を営めます(この治療のために入院する必要は特にありません)

ページトップヘ

NK細胞の役割

「高活性NK細胞療法」では獲得免疫系のT細胞の培養を主眼とするのではなく、初動部隊として全身をくまなくパトロールしながら異常細胞をただちに攻撃する、自然免疫系のNK細胞の培養を主としています。現在確認されているNK細胞の抗がん効果は以下のようなことがあります。

1. 毎日発生するがん細胞を除去する

正常な人でも1日数千個のがん細胞が発生し除去されているといわれます。これはNK細胞が中心となって、異常な細胞(がん細胞)を見つけて駆逐していると考えられています。

2. がんの再発・転移を防ぐ

NK細胞はがんの発症を防ぐだけでなく、がんの再発や血管を通して遠くに飛ぶ転移を抑えると考えられています。

3. T細胞が攻撃できないがん細胞を攻撃する

生き残るがん細胞は、自分を攻撃するよう教育されたT細胞(CTL)からの攻撃を逃れるために、時間とともに自分自身を変えてCTLから自分が見えなくなるようにします(MHCクラスI分子の消失)。このようながん細胞に対しては、むしろNK細胞が効果的に攻撃すると考えられています。逆に、NK細胞はMHCクラスI分子のあるがん細胞は攻撃しにくいことも知られています。しかしこの弱点も、NK細胞のがん殺傷分子を増強することで克服されてきています。

4. 抗体のついたがん細胞を特異的に攻撃できる

がん細胞だけに反応し増殖を抑える抗体療法(例えばリツキサンやハーセプチン)という治療法があります。抗体療法が効く理由の1つとして、NK細胞の関与が考えられています。これは、Y字型をした抗体の尾部にあたる部分(Fc部分という)にNK細胞が結合して活性化することで、がん細胞を殺すことが実験的に確かめられているからです。これをADCC活性といい、T細胞では見られない効率的な殺傷法です(図1)。近い将来は、抗体療法とNK細胞療法を組み合わせる治療法が行われることになるでしょう。

図1

5. がんに対する免疫反応を強める

NK細胞はがん細胞を攻撃するほかに、最近がん免疫に対して重要な働きをすることがわかり注目されています。NK細胞によって刺激された樹状細胞はがんを攻撃するCTLをたくさん作り出す効果があり、しかもこの効果は通常の樹状細胞よりも100倍も高いことが報告されています。大量の高活性NK細胞を抗がん剤とうまく組み合わせると、がん抗原に対するCTLを誘導できる可能性が高くなります。

ページトップヘ

他の活性化リンパ球療法との違い

ニューシティ大崎クリニックが開発した「高活性NK細胞療法」と他の活性化リンパ球療法とは、以下のような違いがあります。

『T細胞(Tリンパ球)療法』

元々末梢血リンパ球の内、7割を占めるT細胞をCD3抗体とIL-2で刺激・増殖させた、先駆的なリンパ療法です。T細胞は獲得免疫系で、戦う相手を教育されないと働けず、しかも一つの細胞が戦えるがんの相手は1抗原、といった特性があります。 CD3抗体で全体的にT細胞を増殖させることはできますが、特定のがんを攻撃するT細胞の増殖はごくわずかにしかなりません。活性化されたT細胞は非特異的であっても、がん細胞を攻撃する全体的な能力は高まりますので、がん免疫反応を促進する可能性はあります。
最近では研究も進み、がん抗原に対する特異性を高めるため、T細胞を直接がん病巣部から集めたり、がん抗原を認識する分子を遺伝子工学的に入れたT細胞をつくり、大量に増やして使用する方法も試みられています。

『NKT細胞療法』

NKT細胞は、末梢血リンパ球の0.1%以下とごくわずかしかないリンパ球です。CD1という単一の抗原提示分子と結合した糖脂質に反応する細胞で増やすことが難しいリンパ球ですが、抗腫瘍活性のほか、NK細胞や細胞傷害性T細胞を増やす働きが報告されています。 研究は進められていますが、元々の数が少ないこともあり、培養による増殖や活性化の効果にはまだまだ課題があります。

『γδ(ガンマデルタ)T細胞療法』

おもに腸管粘膜や皮膚に多数存在しますが、末梢血ではリンパ球の数%しかありません。抗腫瘍効果があるものの、その働きはまだ不明なところも多いリンパ球です。骨粗鬆症で使う薬剤ビスフォスフォネートで増殖することがわかり、現在臨床応用に向けた研究が進んでいるところです。

『他院のNK細胞療法』

NK細胞は増やすことが難しいとされており、1回あたりのNK細胞の投与数がせいぜい10億個までのところが多いようです。後述しますが、100億個以下の投与数では狙った効果を上げることはなかなか難しいことが、データで明らかになっています。
ニューシティ大崎クリニックの高活性NK細胞療法は、独自の培養方法を採用し、1回あたり、40〜100億個のNK細胞が入ります。同じNK細胞療法であっても、他院のNK細胞療法とは、培養方法も投与細胞数も活性の高さもまったく異なりますので、異なる治療方法であるとお考えください。

ページトップヘ

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め