ニューシティ大崎クリニックの寄せられるご質問にお答えします。

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  Q&A  >  Q17

Q&A

Q17 高活性NK細胞療法でがんは治りますか?

現在のところ、高活性NK(ナチュラルキラー)細胞療法を含め、がん免疫細胞療法だけでがんを根治させることはできません。
しかし、手術や抗がん剤、放射線療法を適切に組み合わせると、これらの治療による奏功率や延命効果を上げたり、また再発率を下げる効果が期待できると考えています。
もちろん数百例の単位で得られたエビデンスはありませんが(まだ最先端と呼ばれるこの治療法で十分なエビデンスを得ることは困難です)、たとえばがん免疫細胞療法によって、肝がんの切除後の再発率を下げることができたという論文が出ています。

重要なことは、がんの病態、さらに抗がん剤の使用などで患者さんの弱った免疫力を引きあげ、がんと闘う力をつけることです。
しかし、これまでの化学療法を中心とするがん治療は、患者さんの免疫状態を軽視しがちではなかったかと思います。
実際に患者さんのリンパ球を調べると、健常人とはずいぶん違います。
これを是正し、さらにそれ以上にすることが、奏功率、延命期間の改善、さらには治癒にもつながっていくのではないかと考えています。


一覧に戻る

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め