ニューシティ大崎クリニックの寄せられるご質問にお答えします。

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  Q&A  >  Q3

Q&A

Q3 何回治療をしたらよいですか?

患者さんによってかなり異なりますが、1クール6回、約3ヶ月の治療を基本にしています。
腫瘍の縮小、腫瘍マーカーの低下は最初のこの期間にあらわれます。
腫瘍の増大が止まらないときは相談の上治療を中止します。
上述した効果が見られた後、または腫瘍増大や腫瘍マーカー上昇が横ばいになったときは、可能であれば1ヶ月に1回、2ヶ月に1回と徐々に投与間隔を伸ばしながら、継続して投与されることをお勧めします。
なぜなら、定期的に活性化リンパ球を身体に入れることで、がん患者さんご本人が持つ免疫力が高い活性をキープすることが認められるからです。


一覧に戻る

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞療法の勧め