ニューシティ大崎クリニックの寄せられるご質問にお答えします。

ニューシティ大崎クリニックトップ  >  Q&A  >  Q4

Q&A

Q4 発熱以外に副作用がないとのことですが、発熱したらどうしたらよいのですか?

免疫細胞療法は、強い副作用の心配がないことが大きな特徴です。
しかし、最初の1、2回の投与の当日に、5人に一人の割合で37.5℃〜38℃以上の発熱が見られます。
翌日になって熱が出ることはありません。
発熱しても一過性のもので、放置しても1〜2時間で解熱しますので心配ありませんが、発熱時のためにカロナールを処方しています。


一覧に戻る

 

がん免疫療法

免疫について | がん免疫療法 | 高活性NK細胞療法 | 高活性NK細胞の問題点 | 高活性NK細胞の特徴 | 高活性NK細胞「免疫力増強効果」 | 高活性NK細胞療法の勧め