ニューシティ大崎クリニック サイトトップ

大崎クリニックとは

医師の紹介(治療責任者)

私どもニューシティ大崎クリニックは、高活性NK細胞療法が多くの患者さんたちのより良い長期延命や再発防止に確実につながるように日々研究努力し、がん患者さんががんと闘う勇気が出るように、これからも誠心誠意お手伝いをしてまいります。


藤田 実彦(ふじた さねひこ)

藤田ドクター 地域医療・がん撲滅に力を注ぎ、医療相談、治療、予防医学に従事しています。
ホームドクターとして、何でも相談できる「心のある」医学を心がけています。

プロフィール

1967年日本大学医学部卒業。
1年間のインターン終了後、日本大学医学部第三内科学教室入局。
消化器病学一般を研鑽すると同時に主に肝臓病学を専攻。
1975年医学博士号取得。
1976年同医学部講師。
1980年より目黒区に医療法人社団藤田医院開業、現在に至る。
2002年より東邦大学医学部客員講師。
2004年より医療法人社団ニューシティ大崎クリニック院長就任、現在に至る。
※日本消化器病学会関東甲信越地方評議員
※日本内科学会認定医
※日本消化器病学会認定医
※日本肝臓病学会認定医

益山 純一(ますやま じゅんいち)

益山ドクター長きにわたり基礎と臨床から免疫細胞の研究を行う中で、NK細胞の高活性化、大量の培養に成功。
がんで苦悩する人を一人でも多く救うことを使命に、研究、治療、啓蒙活動に従事しています。
ニューシティ大崎クリニック治療責任者

プロフィール

1977年新潟大学医学部卒業。
3年間の内科研修後、自治医科大学付属病院勤務。
1986年医学博士号取得。
1988年〜1990年まで米国ボストン大学胸部疾患研究所留学。
1991年より自治医科大学内科学講座講師、主に自己免疫性疾患を担当し、基礎と臨床から免疫細胞の研究を長く行う。
2004年より医療法人社団ニューシティ大崎クリニック勤務、現在に至る。

松岡 千花子(まつおか ちかこ)

ニューシティ大崎クリニック治療責任者(理事長兼院長)

プロフィール

1994年 日本大学医学部卒業
同年 日本大学医学部第三内科
(現 内科学系消化器肝臓内科学分野)入局
2004年 医学博士号取得
2006年 同 助手
2008年 同 助教
同年 駿河台日本大学病院内科外来医長
2017年より医療法人社団ニューシティ大崎クリニック勤務、現在に至る
※日本内科学会認定医
※日本消化器病学会専門医
※日本肝臓学会専門医
※日本消化器内視鏡学会専門医


大崎クリニックとは

Link Icon 免疫細胞療法の考え方

Link Icon ラボのご案内

Link Icon 交通アクセス

Link Icon クリニック案内

Link Icon ラボ写真ギャラリー

▲ページトップに戻る