ニューシティ大崎クリニック サイトトップ

免疫細胞療法

免疫について

  • 私たちの身体を守る免疫細胞の種類と役割

  • がんの発症と免疫の関係

    免疫細胞 健康時
    人の身体は約60兆個の細胞でできており、日々新陳代謝を繰り返すことで成長し、生命が維持されています。細胞が生まれ変わる過程の中で、成人で約5000個のがん細胞の芽が毎日生み出されていると考えられていますが、すぐにそれががんとして発症することはなく、人によってはがんを一生発症しない人もいます。これは免疫細胞の働きによるところが大きいと考えられています。
    身体中をパトロールしてがん細胞の芽を見つけ次第、問答無用で消していくのがリンパ球の仲間であるNK細胞の役割です。健康な人のNK細胞はよく働くので、生まれたがん細胞の芽を端から攻撃していきます。初動で粉々に破壊されたがん細胞の芽は、樹状細胞と呼ばれる細胞教育係によって処理(貧食 どんしょく)され、「こういう異常細胞を見つけたら消してしまうように」とT細胞に伝えます。この情報を受け取ったT細胞は分裂を繰り返すことにより、同種の細胞に対する攻撃力を備えた兵隊をどんどん増強して、同じパターンの異常細胞を見つけるとただちに攻撃できるよう力を備えます。健康体の人の細胞は、このようにそれぞれの細胞が役割を分担、全うしながら、強固な防衛システムを維持しています。

    免疫細胞 がん細胞の芽
    ここで大切なのは、初動のNK細胞の役割です。NK細胞が熱心にパトロールをして、おかしな細胞を見つけたら直ちに消す、という初動攻撃が生きてこその連携システムです。ところがこのNK細胞は、加齢やストレスに非常に影響されやすく、その数を減らしたり攻撃力が極めて弱くなったりすることで、初動の役割が全うできなくなることがあります。NK細胞の力が弱まると処理されない異常細胞が残って行くことになります。これががん発症の大きなきっかけとなります。
    NK細胞の力が弱くなり、がん細胞の芽が残りやすくなると、樹状細胞(教育司令係)がせっせとT細胞を教育・兵力増強して、なんとか食い止めようとがんばります。このがんばっている期間、免疫力とがん細胞の攻防がギリギリ釣り合っているような状態は、人により5年から10年と言われています。この間生きのびたがん細胞は、じわじわと免疫に対しての抵抗性を身につけて静かに成長していきます。

    免疫細胞 がん発病
    そしてある時、NK細胞もT細胞も攻撃力が追いつかなくなる時が来ます。がん細胞はいきなり急激な増殖を始めます。CTスキャンなどでがんらしき影などを見つけることができるようになるのはこのタイミングからで、1cmほどの大きさに成長したがん細胞は約10億個に増えています。しかもこの時点でがん細胞は、様々な方法で作り出した免疫が効かなくなる(免疫を抑制する)防御壁で自らを囲いながら、さらに増殖をしていきます。
    がんと診断されたときはがんの勢いがとても強く、逆に免疫力は非常に弱まっています。健康な時とは力関係がまるで逆になっています。このような状態になってから、がん治療が始まるわけです。

    免疫細胞 がん治療
    免疫力が落ちて、がん細胞が力をつけて行く流れががん発症のメカニズムなら、治療はその逆をたどっていくことが有効です。免疫に対して強固なバリアを張った勢いのあるがん細胞と、弱まってしまった免疫力。このバランスをまずはかろうじて釣り合っていた時の状態まで戻していくことが大切です。
    一つは抗がん剤や放射線、外科手術といったがんの標準的な治療で、勢いづいたがん細胞の力を、免疫がコントロールできていた時の状態まで削ぎ落として弱めること。がん細胞の力そのものを弱めることで、免疫システムが再び効果を発揮し始めます。特に抗がん剤でガンの防御壁が低くなったり、一部が壊れたりすることで、免疫細胞はこの壁を乗り越えやすくなり攻撃力が上がると考えられています。
    一方、抗がん剤は全般的に増殖スピードが速い細胞を標的にしています。従ってがん細胞を破壊するのと同時に、他の正常な細胞分裂が活発なところ、骨髄、肝臓、腎臓、粘膜、毛根、爪、皮膚といった部分の生育にも大きなダメージを与えてしまいます。骨髄でつくられる免疫細胞もこの例にもれず機能を阻害されるため、免疫力が低下してしまいます。
    がん治療で大切なことは、弱まっている免疫力がさらに低下するのを防ぎ、むしろ免疫力を強く押し上げて行くことです。

  • 免疫力を高める方法

  • がん再発予防のカギを握る免疫力


免疫細胞療法

がん免疫療法

Link Icon 第4のがん治療として注目される免疫療法

Link Icon がん免疫療法の種類

Link Icon 副作用がほとんどない身体に優しいがん治療

Link Icon 抗がん剤治療と免疫療法

Link Icon取得済みの特許について

Link Icon「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」への対応

▲ページトップに戻る