ニューシティ大崎クリニック サイトトップ

免疫細胞療法

免疫について

  • 私たちの身体を守る免疫細胞の種類と役割

  • がんの発症と免疫の関係

  • 免疫力を高める方法

    免疫力を高める方法の前に、なぜ免疫力が落ちてがん細胞を封じ込めなくなるのか、明らかになっている原因から確認しましょう。

    1.老化・加齢
    免疫系の老化は20代から始まり、40代でピーク時の半分以下、70代にもなるとピーク時の10%程度に落ちると言われています。そのため、40代以降年齢が上がるにつれて、がん発症の確率が高くなってきます。

    2.ストレス
    強いストレスにさらされると、特にがん細胞を最初に攻撃する能力を持つNK細胞の活性が下がることが、データによって証明されています。逆に、リラックスして好きなことをしていたり、笑ったりすることでNK細胞の活性が上がることも、科学的に証明されています。

    3.たばこ
    喫煙は免疫機能を低下させるばかりか、がん細胞を誘発することが、様々な研究結果から明らかになっています。

    4.不規則な食生活や偏食
    免疫細胞の大切な材料となるアミノ酸が含まれる良質のたんぱく質が不足すると、当然ながら免疫細胞も少なくなったり弱くなったりします。また各種ビタミンやミネラルが免疫細胞の働きを強化することもよく知られていますので、こうした要素が不足しがちな外食、偏食が続くと免疫力が下がります。また腸内環境も免疫力に影響します。便秘がちの人は悪玉菌の繁殖とあわせ、免疫力の低下も招きます。

    5.化学物質の過剰摂取
    加工食品や嗜好品、医薬品の過度の摂取は活性酸素を生成するなどの影響で、免疫力を弱めます。

    6.夜更かし
    免疫細胞の働きは朝起きてから徐々に高くなり、夜11時を過ぎると低くなると言われています。深夜まで起きていると活性度が落ちてきますので、深夜型の生活を続けると免疫力は下がり、病気をしやすくなります。

    7.運動不足
    免疫力に限らず、全身の体力・機能の低下につながります。逆に適度な運動をすることでNK細胞が増えることが、データで証明されています。

    8.身体の低温化
    体温は免疫力を大きく左右します。平均体温が1℃下がると免疫力は40%程度下がるといわれています。冷房や身体を冷やす飲み物などの過剰摂取などで常に身体が冷えている状態の人、低体温の人は要注意です。

    免疫力を高めるにはすなわち、これらの原因要素を取り除いた生活を心がければ良いといえます。
    ・適度な運動をし、朝日とともに起きて、夜は早く就寝し、十分な睡眠を確保する
    ・タバコなどの嗜好品や発がん物質として疑われている化学物質を、できるだけ取り入れないよう注意する
    ・栄養バランスのとれた食事や抗酸化効果の高い発酵食品、良質の乳酸菌をとる
    ・細かいことは気にせず、声を上げるほどよく笑い、リラックスして楽しく過ごす
    ・恒常的に身体を冷やす環境、食べ物、飲み物を避ける

    加齢は避けられませんが、日々の生活習慣を改めることで、年齢に応じた、あるいはそれ以上の免疫力を維持できるよう心がけたいものです。

  • がん再発予防のカギを握る免疫力


免疫細胞療法

がん免疫療法

Link Icon 第4のがん治療として注目される免疫療法

Link Icon がん免疫療法の種類

Link Icon 副作用がほとんどない身体に優しいがん治療

Link Icon 抗がん剤治療と免疫療法

Link Icon取得済みの特許について

Link Icon「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」への対応

▲ページトップに戻る