ニューシティ大崎クリニック サイトトップ

免疫細胞療法

がん免疫療法

    第4のがん治療として注目される免疫療法

    がんと診断されると、一般的に3大治療と呼ばれる「外科治療(手術)」「放射線治療」「抗がん剤治療」で治療計画が立てられることが標準的な治療法となります。早期に発見されたがんを治療するには、外科手術や放射線治療の局所的な治療法がとられますが、進行したがんや転移が見られる場合などは局所的な処理では対処ができませんので、全身を対象とした抗がん剤などの治療を組み合わせながら経過を見て行きます。抗がん剤は、基本的に増殖の早い細胞を標的としてその生育を阻害する薬で、点滴や飲み薬で全身に行き渡るため、増殖スピードの速い他の正常な細胞にもダメージを与えることから重い副作用というリスクがついてきます。これが患者さんやご家族の精神的肉体的に重い負担となります。

    ところが、こうした外的な処置でがんを100%制圧できれば問題ないのですが、残念なことにがんは残り、また新たに生まれて成長していく可能性が高いのです。そこで、人が生まれながらにして持っているがん制圧の免疫システムを活性化する治療法が、今最も注目されている『がん免疫療法』です。古くから免疫とがんとの関係については研究が進められていましたが、2000年以降、がんと免疫の関係が科学的に証明され、さらに2004年に米国でがんの免疫編集説が発表されたことにより、一気にがん治療への期待が高まりました。

    自分自身の免疫力を高めていく過程においては、患者さんやご家族の大きな悩みの一つでもあった副作用の心配がありません。抗がん剤や放射線など外的な治療でがん細胞を弱めると同時に、先端技術で内的な力を活性化させていく免疫療法とのコンビネーション。がんの種類を問わず、QOLを維持しながら、従来の三大治療を補完する数々の成果が近年続々と発表され、がんに拘る関係者の大きな希望となっています。

    免疫は、いつでもどこでもがん細胞の芽をパトロールして見つけ次第消していきますから、局部にとどまらず全身のがん発症を監視、抑制する働きをしてくれています。

  • がん免疫療法の種類

  • 副作用がほとんどない身体に優しいがん治療

  • 抗がん剤治療と免疫療法


免疫細胞療法

免疫について

Link Icon 私たちの身体を守る免疫細胞の種類と役割

Link Icon がんの発症と免疫の関係

Link Icon 免疫力を高める方法

Link Icon がん再発予防のカギを握る免疫力

Link Icon取得済みの特許について

Link Icon「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」への対応

▲ページトップに戻る