ニューシティ大崎クリニック サイトトップ

免疫細胞療法

がん免疫療法

  • 第4のがん治療として注目される免疫療法

  • がん免疫療法の種類

    がんに対する免疫反応の過程を治療にうまく応用させたのが、がん免疫療法です。これには、大きくわけて、がんワクチン療法、樹状細胞療法、活性化リンパ球療法があり、さらにリンパ球療法には、Tリンパ(T細胞)療法、NK(ナチュラルキラー)細胞療法、NKT細胞療法、γδT細胞療法があります。
    がん免疫療法

    『がんワクチン療法』

    がんワクチン療法は、がん抗原をがん細胞から直接とったり、または人工的に合成したものをワクチンとして投与するものです。この療法では、がん抗原が体内に取り込まれたあとリンパ節へ到達して樹状細胞に情報を与え、さらにT細胞がその情報を受け取って増殖・活性化し、さらにリンパ節をでてがん病巣へ向かう、という長い過程が秩序だって起こることが前提となります。免疫力が高い健常な人には効果がでるかもしれませんが、がん患者さんは一般に免疫力が落ちているために、がん抗原が樹状細胞に取り込めるか、T細胞を活性化できるのか、その効果にはやや不安定な要素があるのが現実です。

    『樹状細胞療法』

    樹状細胞療法は、がんワクチン療法に近い方法ですがステップを一段階省く方法です。血液から取り出した単球を樹状細胞にして、これにがん抗原を与えてがん情報を教え込み、体内に戻すものです。投与した樹状細胞はリンパ節へいき、T細胞にがん情報を渡し活性化させます。樹状細胞が直接がん細胞を殺すわけではありませんので、がん情報を確実に攻撃できるT細胞に提示しかつ増殖させることが必須です。また皮内に投与した樹状細胞のうち、どのくらいの細胞がリンパ節まで到達できるのかも検証されなければなりません。がんワクチン療法同様、免疫力が低い患者さんの免疫システムの機能に依存しますので、やはり効果は不安定になります。最近ではリンパ節を通さず、樹状細胞を直接がん病巣の中へ注射する方法がとられるようになってきています。

    『活性化リンパ球療法』

    活性化リンパ球療法は、血液からリンパ球を分離し体外で大量に増やしてから、ふたたび体に戻してがんを治療しようとするものです。がんワクチンや樹状細胞療法と違い、体内でおこるがん抗原の受け渡しという過程を必要とせず、直接がん細胞を攻撃する細胞を増やし、活性化させます。活性化リンパ球療法には、Tリンパ(T細胞)療法、NK細胞療法、NKT細胞療法、γδ(ガンマデルタ)T細胞療法があります。それぞれの細胞の活性化により狙うターゲットや方法が変わりますが、血管に戻した活性化リンパ球ががん病巣へ集まるかどうか、がん細胞を殺傷する攻撃力と特異性(特定の異常細胞のみを攻撃する性質)をもつのかどうかが問題点としてあげられています。

  • 副作用がほとんどない身体に優しいがん治療

  • 抗がん剤治療と免疫療法


免疫細胞療法

免疫について

Link Icon 私たちの身体を守る免疫細胞の種類と役割

Link Icon がんの発症と免疫の関係

Link Icon 免疫力を高める方法

Link Icon がん再発予防のカギを握る免疫力

Link Icon取得済みの特許について

Link Icon「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」への対応

▲ページトップに戻る