ニューシティ大崎クリニック サイトトップ

免疫細胞療法

がん免疫療法

  • 第4のがん治療として注目される免疫療法

  • がん免疫療法の種類

  • 副作用がほとんどない身体に優しいがん治療

  • 抗がん剤治療と免疫療法

    免疫細胞療法には副作用がほとんどないことは大きな利点の1つですが、進行がんの治療として単独で使用するにはまだ不十分であると言わざるをえません。単独使用で、腫瘍マーカーの低下や進行を遅らせることは可能ですが、それ以上の腫瘍を縮小・消失させるなどの効果を期待するには治療法の工夫・改善が必要です。その理由は、簡単にいえば、がんはすでにからだのがんを排除する免疫反応を抑えながら出てきたものですから、体外で増やした活性化リンパ球を入れても、がん細胞はすでにそれに対する抵抗力を持っているため、その効果には限界があると考えられるからです。

    そこで、抗がん剤や放射線を併用することでがん細胞を弱らせ、免疫に対する抵抗力を落とした上で免疫療法を行うことが重要です。


免疫細胞療法

免疫について

Link Icon 私たちの身体を守る免疫細胞の種類と役割

Link Icon がんの発症と免疫の関係

Link Icon 免疫力を高める方法

Link Icon がん再発予防のカギを握る免疫力

Link Icon取得済みの特許について

Link Icon「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」への対応

▲ページトップに戻る